エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:上司・同僚

エッチ告白体験談「上司・同僚」のページでは、上司・同僚にまつわる官能的な体験談が、男女問わず投稿されています。

上司・同僚のエッチ告白体験談11

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「上司・同僚のエッチ告白体験談11」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.33

  • カワイイ後輩が誘ってきたからエッチしたら面倒なことになりそう
  • 投稿者:サスケ

今の職場に勤め始めてからはや7年。小さい会社なので社員の一人ひとりが大事にされている居心地満点のアットホームな会社。この歳で役職にまでつかせてもらい、子供まで生まれてまさしく順風満帆といったところでした。

ですが今年の新入社員に私の人生が狂う元凶が現れます。はじめて見たときの印象は、小さくてお人形さんみたいな子で可愛いいというものでした。でも俺は結婚もしていて子供もいる。そして今はちょっとしたことでセクハラと言われてしまうような時代なので、その子とはなるべく距離をとるようにしていました。

ですが、彼女が入社した日から半年くらい経ったある日、会社の今後に関わるような大きなプロジェクトを一緒に任されることになりました。嫌でも急接近することになり、各所を一緒に営業で回ることになりました。ある日彼女のミスで営業先に一緒に謝りに行った時に終電を逃し、安いビジホに部屋を別々にして泊まることになったんですが、その時彼女がお詫びにお酒をもって私の部屋にやってきました。

すごく落ち込んでいたので励ます意味も込めて楽しく酒盛りをしたんですが、これがいけなかった。彼女はずっと私のことが好きだったらしく、今回のことでもう気持ちが抑えられない!みたいな事を言ってきます。言っちゃえば彼女のルックスは私にとってドストライク。

そんな女の子が裸で俺のチンコを物欲しそうにしてきたら、そりゃヤッちゃいます。病みつきになるような彼女の身体は、それはもう気持ちよくて、その後も彼女との密会はズルズルと続けていたんですが、最近彼女が執拗に私の妻に敵愾心を持つように…これは本当に嫌な予感しかしない。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.32

  • 上司の誘いに断ることができずオモチャにされてる俺だけど…
  • 投稿者:ちゃんこーはん

入社1年目、まだ30代前半の女性上司の下で日々こき使われていますが、こき使われているのは何も仕事の時だけではありません。きっかけは、ちょっとしたミスから落ち込んでしまい、その女上司に飲みに連れていってもらった時。

かなり泥酔してしまい、終電もなし。その日の外は大雨で、タクシーもつかまらなかったらしく、気づいたらラブホにいました。ずぶ濡れだった感じはありましたが、頭にはタオルがかけられていて、身体が冷えないように毛布を3枚くらいかけられており、女上司はシャワーに入っている様子。そして素っ裸で出てきて、私が目覚めたことに気づいて、心配そうに駆け寄ってきます。

めっちゃおっぱいとか見えているんですけど。そんな献身的な感じに私は欲情してしまい、ついおっぱいを触ってしまいます。女上司は怒るわけでもなくそのままキスしてきます。これが年の功か・・・と思わせるネッチョリとしたいやらしいキスで私のチンコはビンビン状態に。それに気づいた女上司は、手でさすり、シゴキ、フェラ。

ジュプ、ジュプ、とエロい音を出しながら吸われギンギンになったところで上からマンコが降りてきます。ちょっと肌寒い感じなのに女上司の中は温かくヌメヌメですぐに果てる私。

この日から女上司は頻繁に私のことを誘うようになり、人目がなければ社内でもアソコを舐めさせられたりしています・・・最初こそ平等な関係っぽいエッチでしたが、今じゃ犬扱い。しょっちゅうアソコを舐めさせられていますが全然嫌じゃないから不思議です。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.31

  • 同僚になってから恋愛感情が芽生えた
  • 投稿者:オプトイン

同じ大学だったTさん(女性)と、偶然同じ会社に就職することになり、大学生時代の頃からじゃ考えられないくらい距離が縮まりました。言っちゃなんですが、俺は結構ワイワイしたタイプのグループに大学時代はいて、Tさんは正反対の一匹狼タイプ。キャンパス内でも友達と一緒というシーンを思い出せないくらいです。

よく校舎内で本を読んでいる印象が強くて、真面目一徹といった感じでした。俺が最後に大学内で彼女を見たときはメガネをかけていたので、最初は気づきませんでしたが、素顔のTさんはそれはビックリするくらいの美人。他の男性社員からよくチヤホヤされて困っている様子でした。

そんなTさんを社内で見かければ自然と目で追うような日々が続き、他の男と話していれば嫉妬心さえ抱くようになっていました。ある日部署替えで彼女が俺の部署にやってきて、教育担当になったんですが、思っていた以上に明るくていい子だ。

もう確実に惚れていることをこの時に自覚し告白。見事うまくいって俺の住んでる会社の寮に転がり込んできてくれたんですが、夜の営みは更にギャップを感ぜざるを得ない積極さ。チンポが取れてしまいそうなほどのバキュームフェラに、騎乗位をさせればエロアニメみたいに自分の胸を自分で揉みながら俺の上で狂ったように腰をパンパンと打ちつけてくる。

ピルも飲んでないのに中出しされてる感覚が好きだということで毎回射精は中。いつ子供ができてもおかしくないくらい、いつも中出ししています。職場では俺が先輩風ですが、夜はもう完全に俺が性奴隷みたいになってます。

エッチ告白体験談:上司・同僚10のページ