エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:上司・同僚

エッチ告白体験談「上司・同僚」のページでは、上司・同僚にまつわる官能的な体験談が、男女問わず投稿されています。

上司・同僚のエッチ告白体験談7

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「上司・同僚のエッチ告白体験談7」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.21

  • 彼氏と会社でエッチが好き
  • 投稿者:ゆうき

職場の同期とみんな公認で付き合ってます。付き合ってることをみんなが知ってるから恥ずかしいこともあるけど楽です。
飲み会とか行っても2人で先に帰らせてくれたり、休みの希望もできるだけ一緒にしてくれたりして感謝です。      

こないだお昼休みに会社の休憩室でエッチしてたら急に人が入ってきてめっちゃ焦りました(笑)。その人は私たちが付き合ってること知ってるので、多分バレてたと思います。声は出してないけど私のシャツのボタンがはだけていたので…。      

会社でするエッチはスリルがあってやめられません。そのあと何でもない顔で普通に仕事に戻ってる彼氏を見るとめっちゃ独占欲?みたいなものが満たされる感じがするんです♪

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.20

  • モテる先輩と俺なんかがまさか・・・
  • 投稿者:トミー

バ先の先輩とやってしまった。俺21歳、先輩27歳。
先輩はとても可愛くてみんなからめっちゃ人気があって性格も超イイ。そんな先輩がまさか俺なんかを気にいってくれるなんて信じられない。
いつも可愛い可愛いって言ってくれてたけど男として見られてないと思ってた。てか先輩のこと狙ってる男、俺が知ってるだけでも5人はいるし。
ある日2人で閉店作業してたら先輩が「俺クン、いい子だしほんと可愛いよね」って言ってきたから初めて「可愛いって言われても複雑です。子供だと思ってるでしょ」って少し反抗してみた。
そしたら先輩はびっくりしたのかちょっと間が空いて「そうだよね、男の子に可愛いって言うのってダメだよね、ごめんね、別に子供とか思ってないよ」って言って俺をバックハグしてきた。
俺はもうその時点でドッキドキでちんこ固くなってしまって、これはもう勢いだ!と思ってクルッと振り返って先輩を抱きしめてキスした。
そしてソファに押し倒してまた激しくキス。先輩も舌を絡めてきて濃厚なキスをかなり長く10分ぐらいした。
正直ここでこのまましようか迷ったけど、先輩の胸を触ったらビクンって反応したからもうこれはここで終わるわけにはいかないぞと。
俺は先輩を脱がして乳首をしゃぶりまくった。先輩は可愛くあんって感じてくれて、入れていい?ってきいたらコクンとうなづいた。
ソファから落ちないように先輩の細くてきれいな脚を持ってゆっくり入れた。
あああぁぁんんっっ!ってかなり感じてくれて先輩のマンコはめっちゃ濡れてた。
俺クン気持ちいいっって言ってくれた。それが嬉しくてつい仲田氏してしまった。
終わってからちゃんと閉店作業をして手をつないで一緒に帰った。
別に付き合うとかじゃないけど、なんか俺は先輩のこと本気で好きになってしまった。みんなでいるときも先輩がほかの男としゃべってたら嫉妬してしまうし、ほかの男のことカッコイイとか言ったらめっちゃむかついてしまう。
それを先輩に言ったら「え〜嬉しい〜」ってキッチンでチュウしたくれたからマジ本気になるって。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.19

  • 課長とカラオケボックスで
  • 投稿者:かねちか

昔の話です。私は音楽が好きでよくひとりでライブハウスに行く女の子でした。
周りの友達が聞くような流行りの曲とかじゃなくてもっとカッコいいバンドが好きだったので、あまり音楽の趣味が合う友達はいませんでした。      

ある日会社の飲み会があって、隣の部署の課長とたまたま席が近くなり初めてちゃんとしゃべりました。それまでは顔は知ってるぐらいの挨拶程度の間柄でした。
そこで私の好きな音楽の話になり、なんとその課長も私の大好きなバンドが大好きだったりと共通点が多くてすごく盛り上がりました。      

それで私は嬉しくなって、次のライブに課長も行きませんか?と誘うと、課長はOKしてくれて一緒に行くことになりました。今思えば既婚者で子供もいる課長を女である私が誘うなんて非常識だって分かるのに、そのときは20代前半でまだそういうことがあんまり分かってなかったんです。      

ライブ当日、会場で待ち合わせて一緒にライブを見て、軽く飲もうかという話になって近くの居酒屋に行きました。そこでもお互いの好きな音楽などたくさん話して盛り上がって、その流れでカラオケに行くことになりました。
カラオケの個室に入ると課長は私の膝に頭を乗せて膝枕にしてきました。私は一瞬えっと思ったけど酔っていたしあんまり気にしませんでした。      

何曲か歌ってソファで休憩していた時、課長にキスされました。突然のことでびっくりして、やめてくださいと言ったけどやめてくれず、スカートの中に手を入れられてお尻を触られました。そのまま課長の指が私のアソコへ…。私は抵抗しようと思えばできたのに、そこからは気持ちよくなってしまって抵抗しませんでした。ただただ課長の指がとっても気持ちよくて、課長に抱き着きながら感じてしまいました。      

課長はズボンを脱いで対面座位で入れてきました。とっても硬くて太くて信じられないぐらい気持ちよくて私はいっぱい感じてイッてしまいました。      

それからも何度かそういうことがあり、いわゆる不倫関係は1年ぐらい続きましたが、課長が異動することになって終わりました。

エッチ告白体験談:上司・同僚6のページ