エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:オナニー

エッチ告白体験談「オナニー」のページでは、オナニーにまつわる赤裸々な体験談が、男女問わず投稿されています。

オナニーのエッチ告白体験談15

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「オナニーのエッチ告白体験談15」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:オナニー No.45

  • 好きな女子を妄想しながらオナニー
  • 投稿者:はれんち

大学1年生の俺は、同級生に好きな女子がいる。同じサークルであり、男たちからモテモテなのだ。

イケメンではない俺にとって、高嶺の花である。告白する勇気がない俺は、好きな女子のことを妄想しながらオナニーに没頭。

話している姿や、裸を想像しながらオナニーしているのである。はっきり言って、ド変態かもしれない。

だが、好きな女子をオカズにしてのオナニーはやっぱり良い。俺はAVを見てシコるよりも、好きな女子のことを妄想してオナニーするのが好きなのだ。

射精した後に若干虚しさが残るのだが、すぐに元に戻る。ベストは好きな女子を彼女にすることだが、99%それは無理なのがわかっている。

だからこそ、妄想オナニーくらいさせてほしい。俺の好きなその女子は同じサークルのイケメンの先輩のことが好きなのがわかっている。

悔しくてたまらないが、そこは我慢するしかない。その女子も、まさか俺にオカズにされているとは思っていないはずだ。

ド変態な俺にオカズにされてかわいそうだが、それでも俺の欲望を満たすためには仕方ない。

叶わぬ恋だから、妄想オナニーでそれを満たす。意中の女子とキスをしたりイチャイチャしたり、セックスしたり、リアルでは絶対にできないことを妄想の中でする。

一度だけ彼女としゃべったことがあるのだが、そのときのことを思い出しながら俺は妄想オナニーしているのだ。

可愛い声とステキな笑顔。それを見ただけで、俺の汚い心を浄化させてくれる。妄想オナニーで、俺は今後も好きな女子をオカズにしたい。

エッチ告白体験談:オナニー No.44

  • 床擦りつけオナニー
  • 投稿者:みれい

私は床擦りつけオナニーにハマっています。床擦りつけオナニーとは、文字通り床にまん〇を擦りつけてオナニーすることです。

床ってかなり硬くて、まん〇を擦りつけるとすごく感触が良いんですよ。自分で触るよりも、かなり刺激があってやめられません。

最初は少し抵抗があったんですけど、徐々に気持ち良さのほうが勝つようになりました。

注意点として、床オナをする前は床をきれいに拭いてからしてください。

そうしないと、不衛生なのでまん〇に細菌が入る可能性があります。床にはゴミもありますし、小さな危険物も転がっているかもしれません。

だからこそ、安全性を上げるためにも床オナをする前は床をきれいにし、ガラスや金属のゴミがないかを見ておいてくださいね。

床オナで満足できない人は、机などの硬い角を使ってするのが良いです。私は昔から角オナをしているので、角オナの良さも知っています。

でも、今は床オナが一番です。床オナであれば、ディルドを置いて騎乗位で疑似SEXできるので、そこも良いですよ。

床オナをする場合には、ぜひディルドも一緒に置いておいてください。そうすることで、セックスをしているような感覚になれます。

極太ディルドだとかなり大きいので、中くらいのにするのが良いかもしれません。

本物のちん〇に見立てて、床にディルドを置いて楽しんでみてくださいね。一度始めると、おそらくクセになりますよ。

それくらい、気持ちが良いです。オナニーを普段あまりしないという女性にもおすすめですし、ぜひ挑戦してください。

エッチ告白体験談:オナニー No.43

  • 目隠しオナニーの楽しみ方
  • 投稿者:変態

僕の得意技は、目隠しオナニーです。目隠しオナニーでは、目隠しをするだけでなくあらゆる想像を働かせながらするのがポイントとなります。

たとえば、好きな女子に言葉責めされている姿を想像したり、足コキされながら責められたりする姿を想像しながらしています。

そうすれば、ザーメンがいつもより多く出るような気がするんです。

またそれはオナニー前に亜鉛サプリを摂取し、濃いザーメンを出せるようにしている影響もあるでしょう。

想像力を豊かにすることで、オナニーをもっと楽しめます。目隠しは目が見えなくなるので、想像力を働かせやすくなります。

目隠しで視界が遮られますが、そのおかげで別の世界にいけるような気がするため、目隠しオナニーはいいですよ。

どちらかと言うと、M体質な男性に合っています。僕も昔からM体質で、女性に責められることを性癖としているんです。

汚い言葉で罵られれば、それだけでイキそうになるほどです。目隠しオナニーによって、いろんな想像ができて楽しいですよ。

僕は昔SM倶楽部で目隠しされたことで、目隠しオナニーに興味を持ちました。

Sな女子から罵倒されたり、足コキされたりした場面を思い出し、目隠しオナニーに没頭しています。

自称かなりの変態ですし、かなりのドМです。Mの男性には、ぜひとも目隠しオナニーを楽しんでもらいたいです。

オナニーがマンネリになっている場合には、目隠しオナニーがぴったりです。

エアコンをつけずに静かな部屋の中で目隠しオナニーすると、より楽しめます。想像力をどんどん働かせましょう。

エッチ告白体験談:オナニー14のページ