エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:風俗

エッチ告白体験談「風俗」のページでは、風俗にまつわる刺激的な体験談が、男女問わず投稿されています。

風俗のエッチ告白体験談8

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「風俗のエッチ告白体験談6」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:風俗 No.24

  • 初めての痴漢プレイはかなり刺激的だった
  • 投稿者:精入道

海外帰りの友人が何処で仕入れてきたのか、店舗内に電車の車両が作られていて痴漢プレイを楽しめるから行かないかと言ってきた。
流石に一人で行くには抵抗があるらしく、連れて自分も行かれる羽目になった。

確かに一両ほどではあるが電車を見立てた内装は上手く出来ており、中で2人の女性がつり革を持って立っていて反対側には1人だけ女が座っている。
友人はすかさずつり革の女の後ろへ行き下半身を押し付けながらおっぱいをもみ始めた。

参ったな、戸惑っていても時間は過ぎるだけでお金が無駄になる、意を決し反対側に座っている女性の隣へ腰かけた。
スカートの上から恐る恐る太ももを撫でてみる、反応が無い。OKだと思った。
上手くできたプレイに感心しながらスカートの中へ手を入れてみる、反応が無い。
股の中心に焦点を定め中指でこすりつけてみる。息は荒れ始めるが反応が無い。
少し湿り気を感じてきたので、ショーツの中へ移動し襞をかき分けながら奥まで入れてみた。
はぁっ、と声を漏らしながら身体が反り返る、一旦抜いてクリを撫で上げてみた。
彼女の身体がピクピクと反応し始めて、更に激しく追撃すると一気に頂点まで上り詰めぐったりしてくれた。
目の前に居る友人がどの様なプレイで楽しんでいたのか、自分の事に集中していてさっぱり分らなかった。痴漢プレイは可成り刺激があった。

後は移動しマットでひとヌキして貰いスッキリして店を出て友人と飲み屋へ移動する。
デリヘルとは違う初体験の日になった。

エッチ告白体験談:風俗 No.23

  • デリバリーでオナクラ嬢と楽しんでみた
  • 投稿者:心太

女性が大好きで種類が豊富な風俗はその日の気分で選ぶ事にしています。
綺麗でいて可愛いさのある女性に見てもらいながら抜きたい。
そんな変態気味の妄想にとりつかれた私は、オナクラを選んでみる事にしました。

派遣してもらおうと待っていると、若くて可愛らしい女性が登場し抜く気満々になりました。
相互オナニーオプションも伝えてありそれが可能な彼女は、挨拶の時ショーツだけなら取っても良いよ、オ○○コ見せてあげるね。そう言ってくれました。

感激です、早速彼女が胸に片手を持っていき身体をくねらせ始めます、私の右手は既に息子を握っており、ゆっくりとこすり始めました。
彼女は感じ始めたのか、ショーツのあそこの部分を横にずらし湿り気を帯びた縦線沿いに、中指を往復させています。
彼女の可愛らしい顔が歪み始め息使いが早まってきています。
はぁっ、と小さな声がしてショーツを全て脱ぎ捨ててしまいました。
私はゆっくり扱きながらずっと観ています。
ワレメが丸見えになり蕾をイヤらしい指が擦っています。
服を着ていてショーツだけが無い姿はエロさが半端なく、観れば見るほど興奮してきます。
どんどん頂点が近づき互いに手の動きが加速度を上げ一気に果ててゆきました。

今日も若くて可愛らしい女性のオナニーを眺める事が出来ました。
そして、お別れをする時間になりました。

エッチ告白体験談:風俗 No.22

  • スタイルフェチは仮面を付けさせプレイする
  • 投稿者:一夜干し

年齢的に勃起度が薄れてきた私は、ノーマルな体験は卒業してしまい変態気味な路線へとシフトしていった。スタイルのいい女性でなければ満足できない。
女の顔を見ないままでプレイを終わらせるには仮面で隠してしまえばいいと考えた。

デリヘルでは最初に顔合わせする、駄目だと思った。
こんな時馴染みのお店は便利でその旨を伝えて決行できた。

背が高く髪はセミロング、顔には中世風で金色に輝く女顔の仮面が付けてあり、スタイルのいい女性が現れた。胸はダイナミックに盛り上がり、お尻がふくよかな女性で、イメージしていた以上に興奮度が上がってゆく。やはり思った通りだ、顔は見えない方がいい。
立たせたままの彼女に触れてゆく。彼女は何も言わない。

少しづつ着ている物を取り除き胸を露わにさせて、ショーツだけを身に付けさせている。
身体のラインの美しさに感動を覚え見惚れてしまった。

両足を開かせ乳首に吸い付いて、股の中心部分を擦り上げながら抱き寄せる。
仮面の中で微かに声が漏れた。感じてきた?と聞いてみたが彼女は何も答えない。
ショーツの中へ指を入れクリを探す、そこから蜜の出何処へと這わせながら入れていった。
イカセてみたい、気持ちがざわつき始めショーツをはぎ取って二本の指を埋め込んでゆく。
彼女を立たせたまま顔を近づけクリを嘗め回して指で中をかき回し失禁させた。
彼女はビチャビチャになったその場へと崩れ堕ち、動かなくなってしまった。

エッチ告白体験談:風俗7のページ