エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:風俗

エッチ告白体験談「風俗」のページでは、風俗にまつわる刺激的な体験談が、男女問わず投稿されています。

風俗のエッチ告白体験談7

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「風俗のエッチ告白体験談6」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:風俗 No.21

  • お客様と閉店後オカマBARでカラオケ三昧
  • 投稿者:花吹雪嬢

わたしは北の大地で生まれ寒さには強く身体だけは丈夫でした。ある日同棲していた男が急に凶暴になり手足を出されて病院に入院する事になります。
退院が近づくにつれ怖さを覚え、女友達に頼んで必要最小限の荷物をまとめ都会へ逃げることにしました。まだ若く水商売で稼げると思い夜の女に成ることを決心し、クラブの門を潜りました。
20代中盤過ぎまでは嫌になる程口説かれていて、男を変えながら生活し楽しいことばかりがありました。
でもそんな生活は長く続くものではありません。30を過ぎた辺りからは声が掛からなくなり始め、お店も転々と変わる事になってゆきます。お金を稼げる時は短いと知り、まだソープならばと決断し働きだしました。
身体を求めに来る男達との日々が毎日で、心の繋がりなんてありません。月日はどんどん過ぎてゆくのに男と一緒に暮らすことの出来ない寂しくて虚しい日の連続で、楽しみなんて何もありませんでした。
そんなある日、一人の男性からアフターの誘いを受けました。クラブでなら経験してますがソープでは初めての事で戸惑います。大丈夫、一緒に遊んで欲しいだけで君を抱きたくなったら此処に来る。そう言われ付き合ってみる事にしました。
朝までやってる彼の行き付けのオカマBARでした。本当に朝までカラオケ三昧で喉が枯れるほど歌い、オカマちゃんの楽しさに時間を忘れ、あっという間に朝になってしまいました。随分久しく味わってない感情や、発散できた事にお礼を言ってお別れしました。
それから彼は月に数度お店にやって来て私を指名し抱いてくれてます。初めてです、わたしに3年以上もの長い間指名をし続けて下っているお客様は。

エッチ告白体験談:風俗 No.20

  • ピンサロ嬢に口説かれる
  • 投稿者:ワンタン麺

私がまだ若くてお金も無くやっと童貞を捨てたばかりの頃の話です。
アルバイト探しをしていたら、高くて楽そうな求人に目が留まり何度も読み返しました。ピンサロのホールで一人だけの募集があり、当時では高額でした。
成人したての私は女性の躰を初めて拝んだばかりの頃で、ピンサロなんて行ったことも無かったし、書かれてある内容が分からないまま金に釣られて面接を受けてみる事にしました。
仕事内容は大した事無くて少し恥ずかしいけど店舗内を巡回するのと通りを歩く男性への呼び込みだけでした。
OKし翌日からの出勤です、店内掃除をしていたら女性陣がポツリポツリと出勤してきて初顔合わせが始まります。結構年増が多く熟女の巣窟だと分かりガッカリしましたが、目的はお金をもら事で女目的では無いので真面目にバイトに専念します。
三日辺り過ぎた日に、ある一人の熟女姉さんが息子を触りながら、ねえ、わたしと一緒に暮らさない、そう鼻息荒く囁かれドギマギしました。行き成りの展開に返す言葉が見つかりません。
それから毎日同じように耳元で囁かれ、息子を掴まれ乍ら口説かれる日々を繰り返します。
回りの女性陣もそれを見ながら面白がって、ユウさんが嫌なら私でもいいのよ。なんて冷やかされます。
はるか昔の一コマですが未だに鮮明に覚えています。まだ若かった青年がその後どの様な展開に成って行ったかは想像にお任せする事と致します。

エッチ告白体験談:風俗 No.19

  • 美しすぎるセラピストに只、見惚れてしまう
  • 投稿者:酒三昧

仕事帰りに立ち飲み屋で軽く一杯煽っていたら、このまま帰るのはつまらないと思いいい女に会いたくなってきた。
何処で遊ぼうか考えながら財布を覗けば所持金が少ない。ATMで降ろせば散財癖に火がついてロクなことにならない。考えた挙句風俗エステを選択することにした。
個室に案内され待つこと数分、ロングヘアーでスレンダーな女性がいらっしゃいました。礼儀正しい接客に口が空いてしまい、その美しさに見惚れて何をおっしゃったのか聞いていませんでした。
まずは脱衣所でバスローブに着替えて洗体ルームへ移動し体を洗ってもらいました。酒のせいかムラムラしてきましたが、まだ抑えは効いています。
個室に戻って施術台にうつ伏せになってマッサージの開始です。私は一人暮らしの為、匂いが残っても問題ありません、オイルの種類はどれがいいのか解らないので彼女に任せました。
うつ伏せ状態になって居るので彼女の美しい顔が見れないのが残念でなりません。時折伝わる身体の温もりだけが楽しみでエッチな妄想タイムに成ってました。
時間はあっという間に過ぎてゆき仰向けにされ手コキフィニッシュを迎えました。下着姿の彼女を見ながら気持ちよくなっていきます、顔を見ながら綺麗だと改めて思った瞬間に頂点まで駆け上り果てを迎えました。
お見送りされても、あの綺麗な姿が残像として残っています。

エッチ告白体験談:風俗6のページ