エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:更新履歴

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:最新記事3件

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックスの最新記事3件です。その他のエッチ告白体験談は下部リンク、又は左メニュー欄よりご覧頂けます。

エッチ告白体験談:風俗 No.ナンパ No.33

  • 前戯なしの男は地獄に堕ちて
  • 投稿者:LIISA

会社役員だった彼と別れて、傷心旅行三昧だったあたし。そんなナイーブなときって、メンタルがやられていて、ついギャル男に引っかかっちゃう。

元彼はやさしくて甘いセックスをしてくれて、中イキも多かった。けど、今回私がナンパからセックスしたギャル男は最低最悪。

ラブホに着いたら、まずはトークはさんで次にシャワーを浴びるのが普通なのに、ソッコーでガッついてきた。

強引にシャワーへ連れて行って、難は逃れたけどセックス自体が最悪だったなあ。だって、キスもなくブラのホックをいきなり外すんだもん。

しかもそいつ、ホックをスマートに外せなくて「くそ」とかほざいていたけど、そりゃああたしのセリフよ!と言いたくなった。

自暴自棄だったから仕方なく身を任せていたら、胸を揉むだけ揉んで(しかも激しいだけで痛い)、クンニもなし。

ほんと、友達に話した時はドン引きしてたけど、私も同じ。

一番ガッカリだったのは、自分の指にツバを『ペッ』ってして、唾液でアソコを濡らしたつもりで入れてきたことかな。

「ちょっと、痛いってば~」って言うと何ていったと思います?「俺はチンコには自信があるから大丈夫」とか、もうすべてがラリってるの。

自信過剰な男って、だいたい期待の真反対をいくから結果はわかってた。

長くもないし、固さも微妙。お酒は入っていたものの途中から感じなくなったなあ。

極めつけは「俺のピストンは気持ちいい?いいよね?」って…。

あんた、それただの遅漏だから。女子は早すぎても遅すぎてもキツいの。

しかもチャラ男はイッたあとに即背中向けて寝ているし…。もちろん、LINEは次の日からブロック。

元彼を引きずっていたあたしも悪かったけど、男子は前戯に絶対時間をかけて女の子の気持ちにもなってね。

エッチ告白体験談:ナンパ11の続きを見る

エッチ告白体験談:乱交 No.24

  • 陰キャグループとつながり過ぎて紡いだ闇の縁
  • 投稿者:タスキでGO

僕はSNSが大好きかつ、精神が病み気味。SNS依存歴は長く、かれこれもう14歳の時からの利用。期間ですが、7年以上は使っていますね。

寂しがりでメンタルも弱いのですが性欲だけは一丁前にあるという、下半身だけ元気なヘンテコヤローです。

そんな僕は、フォロワーと密に絡むのが大好き。1人の子と仲良くなると、面倒をよく見てあげます。

となると、フォロワーの女の子の仲良しさんともつながるのも少なくありません。

7年以上使う中、同じ県内のフォロワーさん2名と仲良くなり、気づけば3人だけのオフ会をするように。

彼女たち2名(A子・B子)は、聞くところによれば経験人数は2~3人、僕は2人でみんな少なめなのが特徴的でした。

ですが、僕たち3人はやり取りをして2年以上も経ち、裏切りもないことから寝泊まりもネット喫茶やカラオケの深夜フリータイムからするように。

密着する中、僕は寝そべっていたA子のはだけた胸元を見てムラムラ。

「仲良しだから、ふたりとエッチな事もしたくなるなあ、なあんてね!」と笑いながらいうと
「A子:え?私はあんたなら別にいいかも…」
「B子:ん?私もいいけど(笑)」

というではありませんか!決め手は、僕の優しさと攻撃的要素が0なところが、何だって許せるという奇跡の象徴。

ホテルにつき、女の子二人が寝そべり、キングサイズのベッドで行為を開始。

二人の胸・アソコを愛撫しながら喘ぐ彼女たち。フェラはダブルフェラで、AVで見たままの光景が展開される。A子に正常位、B子にバッグをこなし、一生に一度であろう3Pはフィニッシュ。

しかし後日、B子から「A子ばかりに構っていたらどうなるかわかってるよね?」の言葉。

しまった、属性が闇だったんだ、ヤンデレでつきまとわれたらどうしよう?と今は不安もよぎる日々なのでした。

エッチ告白体験談:乱交8の続きを見る

エッチ告白体験談:カップル・夫婦 No.42

  • だらしなさが目立ってきた…旦那にはもう期待できない
  • 投稿者:sarina

私は旦那との結婚を機に、京都に移り住んできたパートタイマーです。

夫との生活は5年目になりますが、主人の転勤に伴いくっついていく形で京都へ。

慣れない地で仕事をすると、人間関係の構築など色々とストレスになります。

そうなると女は構って欲しくなりますが、主人は私の仕事の愚痴を全く聞いてくれません。

ついこの間なんて「あ~その話、長くなる?」と、ものすごく面倒くさそうな態度を取られて、かなりムッとしました。

塩対応が続いていたら、せめてエッチのときくらいは丁寧に、濃厚にと期待をするものの、プレイまで最悪な始末。

私はお酒をたまにしか飲まないのですが、主人は毎日必ず浴びるように飲んでいます。

そして先日、私が22時に寝ていたら酔っ払って覆いかぶさってきて、なんと前戯もなしに入れてきました。

「待って!濡れてないし痛いよ」といっても、強引にセックスを始める無頓着な男。

休みの日の早朝に寝ているのに、まさぐるように私を触り自己中セックスを始めることだってあります。

プレイってやっぱり、お互いが元気でシラフのときに始めたいというのが男女共通のはず。

けれど、自分本位で求めてきて、私がシタいときは「今日はきつい。またにしよう」とかもうむちゃくちゃです。

しかも旦那は極度の早漏で、ヘタをすると1分でイクときがあります。

夫婦になる前は、2回戦をして私が満足するように頑張ってくれていたのですが、今はただの即席発射マシーンにしか見えません。

ママ友にも「その旦那さんはあり得へんわー」と言われ、この先はもう離婚すら考えています。

もし結婚前で私と似た境遇の女子がいるなら、婚姻は控えたほうがいいかも…。

エッチ告白体験談:カップル・夫婦15の続きを見る

デリヘルが呼べるホテル 全国データベース

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックスについて

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス」は、
様々なシチュエーションでのエッチ体験談の中から、
特に優秀な「抜ける」体験談を厳選して掲載するエッチ告白体験談の投稿型サイトです。