エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:上司・同僚

エッチ告白体験談「上司・同僚」のページでは、上司・同僚にまつわる官能的な体験談が、男女問わず投稿されています。

上司・同僚のエッチ告白体験談5

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「上司・同僚のエッチ告白体験談5」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.15

  • ストッキングでノーパン接客
  • 投稿者:まう

バイト先の責任者と…いわゆる不倫関係v
店閉めた後に厨房とか休憩所でコッソリやるエッチが、最近のお気に入りです。
もちろん衛生はしっかりしてますよv

でもたまに二人とも興奮しすぎると閉店作業忘れてヤッちゃう事があるから、
うっかり誰かが入ってきちゃう心配もあるよね。
今のトコそういうことはないですけど、ひょっとしたらもう同僚に見られちゃったコトあるかも???

こんなスリルが本当にヤミツキ!
たまにプレイごっこでノーパンで接客してることとかもあったりして、
それを知ってるのはあたしと責任者だけ…
そんな日は営業が終わったあともうグチョグチョになってて、
ストッキング履いてるんだけど太ももら辺までもうビショ濡れ笑
そのままストッキング引っ張られたりして刺激されて、
エッチする前に軽くイっちゃいます。

責任者はまだ20代だから足腰もしっかりしてて、性欲も満タン笑
立ったままでもあたしを抑えながらヤレちゃうくらいで、オマケに絶倫だからもういう事なし!って感じです。
別に付き合いたいとか奥さんと別れてほしいとかは無いから、
この刺激的な関係が適度に続けばいいなって思いますv

てかあたしにも彼氏いるし。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.14

  • デスクの下でメイクラブ
  • 投稿者:火曜の夜

秘密で付き合っている会社の同僚と、たまに社内エッチしてます。
したくなった日は大抵どちらからかメールを送って、しない?って。
場所はその時その時で違うんですが、
大体は誰も来ない倉庫とか資料室とか使うんですけど、たまに刺激を味わいたくなったときは思い切って人が薄くなってきたオフィス内とかトイレでやります。

オフィスは特に刺激が強いんですけど、あたしがカレのデスクの下に潜り込んで、そのままチュパチュパ・・・変態ですよね(笑) まぁ人がいないときに限りますけど。
トイレは普通に女子トイレの個室に入ってやるんですが、トイレは狭いなりに色々体位が試せますよ〜。座位もできるしバックもいけるし。女の子たちが入ってきちゃうこともあるから更にスリル!です(笑)

カレも喜んでくれて、その後は決まってホテルに行ったりどっちかの家に行ったりして更に燃え上ります。あえて会社ではギリギリのとこで止めておいて、家に持ち帰ることもあります(笑) オフィスラブ楽しんでますよ〜。

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.13

  • 主人と主人の同僚と私
  • 投稿者:千草

主人の同僚と主人と私で、奇妙な三角関係ができてしまいました。そういうプレイなのだそうです。言い出したのは主人ですが、主人と私にはもともと少し変わった趣味がありましたので、私はそれを承諾しました。

関係は率直に言うと3Pです。主人とその同僚が仕事が終わった後一緒に家に寄ります。そして私と交わり、関係をともにします。主人は見ているだけのことが多いです。同僚と私が激しく複雑に絡み合うさまを撮影しながら、満足しています。同僚の方は自虐的なプレイが好きらしく、縛ってあげるとそれだけで軽く射精をしてしまうほど。

私はあまり攻める方には向かないのですが、同僚の方が涙を流しながら「もっと下さい」と言うので、蝋を垂らしてあげたり鞭を振り下ろしてあげたり、痣にならないように軽く蹴ってあげたりします。同僚の方はワンチャンのような悲鳴をあげて縛られたままその場に倒れ込み、下半身をピクピクさせながらまたも射精してしまいます。

そこで主人が口を開け「もういいぞ」と言うと私は同僚の方の勃起したおちんちんを口に入れ、しゃぶるのです。同僚の方はこれでもかと言うくらい声をあげ全身で私のフェラを感じ、そしてまた射精してしまいます。私は主人の命令でその精液を飲み干さなくてはいけません。

一通り同僚の方が逝かれると今度は私に対して主人が足を開いて四つん這いになるよう指示し、同僚の方に対しては私の穴へ挿入するよう命じます。私どもは言われた通りにそれを行い、今度は立場を逆転させて私が悶絶に耐えるのです。それを傍らで楽しむ主人。一見するととても異様な光景です。

そんなプレイがすっかり定着してしまい、今ではその内容を収めたデータも増えてきました。主人はそれを一人で鑑賞し、思いにふけながら楽しんでいるようです。

エッチ告白体験談:上司・同僚4のページ