エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:オナニー

エッチ告白体験談「オナニー」のページでは、オナニーにまつわる赤裸々な体験談が、男女問わず投稿されています。

オナニーのエッチ告白体験談4

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「オナニーのエッチ告白体験談4」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:オナニー No.12

  • 命令オナニー
  • 投稿者:花江

ご主人様からの命令で、ローターを下着の中に入れたままスーパーへ行かされました。
ローターのスイッチは勿論オン。
微振動がずっと伝わってきています。
そんな状態で私は顔の火照りを抑え、立ったままイケと言われていました。
立ち止まると不自然にみられるので、なるべく動きながら、商品をカゴに入れたりして、ローターの振動を感じていました。
感じすぎるあまり全身がかなり敏感になってきてしまって、物を取るのでもいつもより刺激が伝わりました。
ご主人様は遠くから見ているので、外すことも止めることもできません。
普段ならあんな微振動では決して昇天しないのですが、いつもと違う行動に興奮が高まり、あそこがとても刺激に敏感になっていました。
微振動が少しずつ、確実に私の中に蓄積し、お魚売り場を通り過ぎようとしたところで、昇天しそうな気配になりました。
思わずその場に立ちどまり私は、少し前屈して携帯を見るフリをしながら、昇天しました。
足がガクガク震え、うっかり声も漏れてしまいそうでした。
とにかく人が見ても分からないように抑えるのに必死でしたが、昇天しているときの自分は頭の中が真っ白になり、何の理性もありません。
表情がどうなっていたか…それを今から考えると怖いです。
人前にも関わらず恍惚の表情をしていなかったか…ご主人様は何も教えてくれませんし、昇天直後も何か声をかけてくれるわけでもありませんでした。
適当に買い物を済ませ店を出、ご主人様が先に待っている車へと行きました。
私は静かに車に乗り込みましたが、座席にはしっかりとバイブレーターが固定されていました。
言うまでもなく私は車の中で下着をおろし、それを固定。
車はそのまま走りだし、時折ある衝動に耐えながら、ご主人様との無言の時間を楽しみました。

エッチ告白体験談:オナニー No.11

  • 吸盤付きディルドがやばい
  • 投稿者:肉便器願望

アダルトブログでやり方を紹介してるとこがあって
画像がすっごく気持ちよさそうだったから
やってみたくてディルドを買ったんですけど
電動だと思ってたらただのシリコンで
自分で動かすんだ〜と思いながら使ってみました

挿入した感じは特に普通だったから
やっぱり自分で動かすのにテクがいるんだと思って
ベッドの上で色んな体勢になりながら
抜き差ししてみました

でも感想はいまいち
バイブの方が気持ちいいな〜と思ったんですけど
ちょっと調べてみたら吸盤付きディルドというのが
あるらしくてそれ見たら
これでバックしたい!って思って
早速それも買いました

吸盤がひっつく場所を家の中で探してたら
冷蔵庫が一番よかったので
冷蔵庫にくっつけて
お尻の方から恐る恐る向けてみました
足を開かないと入らなかったので
すごく開脚して
なんとか奥まで入りました

でもオナニーでバックってやったことがなくて
やってると凄い快感が襲ってきました
夢中で腰を冷蔵庫に向かって
押し付けたり引いたりしながら
行ってしまいました

とっても気持ち良かったです
オナニーのバックって気持ちいいんです
床にひれ伏して行くまで続けてしまいました
今度はそんな自分を撮影してみたいです

エッチ告白体験談:オナニー No.10

  • 映画館でもどこでも
  • 投稿者:もっちー

オナニー覚えてからはクリちゃんがどんな刺激でも求めるようになってきた気がする

彼氏と映画館で映画見てて、ちょっとエッチなシーンになっただけでクリちゃんが熱くなる

一回そういうシーンになったとき、
ちょうど生理が終わりかけの頃で彼氏ともエッチしてなかったから凄くやりたくなっちゃって、
席も結構埋まってる中、こっそりスカートの中に手を入れたの
彼氏はもちろん気付いてないし、映画の音が大きくて私が出す音も聞こえない
そのシーン見ながら控えめに触ってた

そのシーンが終わるころにいい感じになっちゃって、思い出しながらどんどん激しく触ってった

しまいには2席隣のおっさんがそうっと私を触ってくるとか想像したり、
誰もいない映画館で数人に輪姦されてボロボロになりながら感じまくる私とか、

私の頭の中で私は全裸で、

「あぁぁーーーー気持ちいいーーーーーもっと、もっとおーーーー!!」
とか言っちゃってる

「やめてーーーイキそうーーーー、いやっ、やめないでーーーー!!!」
なんて叫んでる

次第に我慢できなくなっちゃって、映画そっちのけでラストスパートに。。

隣の彼氏は普通にポップコーン見ながら映画見てた
隣で彼女がオナってるなんて想像もしないんだろうな〜とか思うとヒートアップして、
うつむきながら声押し殺してイッタ。。

途中でちょっと「うっ…」って声が漏れたけど多分聞こえてないと思う。
ナプキンの上からだったけどすごく感じた。。。

エッチ告白体験談:オナニー3のページ