エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:初体験

エッチ告白体験談「初体験」のページでは、その名の通りエッチにまつわる様々な「初体験」の体験談が、男女問わず投稿されています。

初体験のエッチ告白体験談5

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「初体験のエッチ告白体験談5」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:初体験 No.15

  • ラブホで見たAV通りに
  • 投稿者:ほたる

彼氏と初めてエッチしたのは、ラブホでした。ラブホ自体始めてでドキドキしてた私ですが、部屋に入ると普通にオシャレですぐに気に入りました。

彼氏と一緒にお風呂に入りました。裸を見られることも初めてなのに彼氏はあたしの体をたくさん触ってきて、乳首が立っちゃったことまで言われてしまいました。

お陰でのぼせてしまった私は彼氏より先にお風呂から上がって、タオルだけ巻いてベッドに横になりました。そこでふとテレビをつけたんですが、このときあたしは凄く驚いてしまいました。

つけたテレビから「あぁ〜ん」っていう女の人の喘ぎ声…アダルトチャンネルだったんです。驚いてチャンネルを適当に回してみましたが、どこも同じような感じであたしは更にドキドキ…。消そうとも思ったんですが、頭がのぼせていたのもあって、興味本位でついつい見入っちゃったんです。

女の人がベッドに寝かされて、ディープキスをしながらお股をいっぱいに広げて…そこにモザイクのかかった男の人のお股が重なって…、女の人の声はより大きくなって小刻みに「あぁっあぁっあぁっ」て叫び始めました。

苦しそうだけど…なんて気持ちよさそうなんだろう…そう思って私はいつの間にか夢中でAVを見ていたんです。

すると後ろから突然彼氏の手が伸び、体に巻いていたタオルを取られちゃいました。ビックリしている私に向かって彼氏は「お前こういうのが好きなの?」とニヤニヤしながら…そのAV通りに私を押し倒してディープキスを始め、おっぱいを揉み始めたんです…。

突然のことで驚きもありましたがキスされながらおっぱいを揉まれるのって気持ちいいんだなぁと思い、自分から自然にお股を広げるようになっていきました…。

そして初めてのエッチをしました。痛かったですが、彼氏が動くたびにどんどん奥が柔らかく熱くなっていくのが分かって、ヤバイくらいに気持ちいいっておもいました。

ちらって目をやるとテレビからも同じような光景が流れてて、余計に感じてしまいました…。

エッチ告白体験談:初体験 No.14

  • 彼女がコンドーム買って家に来た
  • 投稿者:24才童貞だった

つい最近まで童貞だった俺、
彼女はいるけど勇気がなくて中々SEXに持ち込めなかった。
そんな彼女が業を煮やしてかある日俺ん家に来た時、
コンビニでコンドームを買って来た。
驚いたというより一瞬で気まずくなった俺。彼女を見るとヤル気マンマン。

そうか、今日がその日になるのか…と静かに覚悟を決め、
とりあえずお互いシャワーを浴び、布団に入る。

まずどうしたらいいものか…とりあえず彼女の来ているタンクトップの上から乳を掴む。
ムニュっとした感覚とともに、手のひらに固い突起物が当たるのが分かった。

これがチクビか。。触ったことがないわけではなかったが、SEX前の前戯だと意識すると妙に興奮した。
それから良く分からないもののマンコらへを触ればいいのかと思い、
手をそっちに移動した。
スウェットが邪魔だったけど脱がす勇気がなかったので、
スウェットの上から無理やり揉み込むように触った。

彼女少し息遣いが荒くなってきたのでいい感じなのかな?と思ったら、
小声でぽつっと「脱がせて」と言われた。

やっぱりそうかと思いながら、布団の中で一生懸命ジタバタしながらスウェットを脱がせた。
これまでで相当なカロリーを消費したと思う。
パンツも脱がせるのかなぁと思いながら触ってみるとなんと、彼女最初からパンツを履いていなかった。

オソロシイ策士だ。こうなりゃヤケでどうにでもなれ!と思い、
頑張って彼女のマンコ、乳首、耳の裏から指の先までをペロペロ舐めてみた。

そうこうしているうちに俺の息子も発射体勢に。。
すると今まで完全なるマグロ状態だった彼女がムクリと起き上がり、
さっきコンビニで買ってきていたコンドームを取り出して、何のためらいも見せずに俺の息子に被せた。
そしてこっちを見た。「ヤレ」という合図に聞こえた。
前々から良い雰囲気になっては俺が怖気づいてSEXに持ち込めずにいたが、
今晩は絶対に逃がさないつもりらしい。。

心の中で「…ハイ」とうなずき意を決して彼女の上に乗っかった。
穴の位置を指で確かめ、息子をしっかり握り、力任せにエイヤッ!と入れてみたら、
何とも言えない変な感触が息子を包み込みながら、飲み込んだ。。

「おぉぉぉぉー」と思いながらそおまま奥まで挿入、
「つ、遂に入れてしまった…」彼女の顔を見ると恍惚の表情を浮かべながら、
いつ襲いかかるかも分からない快感に怯えるように構えていた。

それを俺への報復と捉えた俺は形勢逆転と言わんばかりに息子をフル回転させ、
力の余す限り彼女の穴をゴシゴシズボズボ往復してやった!
彼女聞いたことのないような声で叫びまくり、暴れまくった。

気持ちよさそうにしている彼女を見ると更に血がのぼり、
そこからはもう本能任せ。そんなわけでやっとのこと俺は童貞を卒業できた。

エッチ告白体験談:初体験 No.13

  • 初めて会った人と
  • 投稿者:三日月みちる

三十歳手前にして出会い系サイトで男の人と会いました。
その日が、私の処女喪失の日です。
ある掲示板で知り合った方と数日メールやチャットでお話ししたあと、お互い自然に会おうという流れになりました。
デートと呼べるのかは分かりませんが、待ち合わせ場所で落ち合った私たちはとりあえず近くのお店で食事をしました。
初めて会うのに初めてじゃないそんな気持ち・・・食事をしながらした他愛もないおしゃべりは本当に楽しくて、ずっと前からお互い知っているかのような錯覚を覚えました。
そして私たちはその人の家で飲みなおすことになりました。
初めて上がる男の人の部屋は意外にも整頓されていて驚きました。トイレにも芳香剤が置かれてあり、人柄の誠実さも見えたような気がしました。
「この人となら…」そう思いました。
始めのうちは座ってお酒を飲みながらおしゃべりの続き。テレビを観たりゲームをしたりして、時間はあっという間に過ぎて行きました。
そろそろ話しのネタも尽きてきたかと言う頃、その人がついに私の手をそっと握ってきたんです。「あっ」思わず声を出すとその人は「ねぇ、もっと仲良くなりたい」と言って、私を自分の胸の方へ引き寄せました。もうドキドキが止まらなくて心臓が止まってしまいそうだったんです。お酒の手伝いもあっていつもより少し大胆になっていた気がしましたが、そこからはもうどうしていいかサッパリ分からずカチカチに固まっていました。
するとその人は私の目を軽く閉じ、そっとキスをしてたんです。そのまま背中に腕を回し、服の下から暖かい手を入れてきました。そして私のブラジャーのフックを外し、緩んだブラの隙間から私の胸を・・・。全身が固い岩のようになってしまっていた私ですが、胸に触れられた途端力がフっと抜け、「あぁっ」という甘い声が零れました。
そのまま優しくその場へ寝かせ、電気を消し、あとはその人の甘いささやきに終始酔いしれていました。思い出してもアソコがジンジンしてしまいます。その人の唇が私の首筋、鎖骨、胸、アソコに触れるたびに激しく感じました。全身の力が抜けて崩れ落ちていく感覚、今になっても覚えています。それが私の初体験でした。

エッチ告白体験談:初体験4のページ