エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:初体験

エッチ告白体験談「初体験」のページでは、その名の通りエッチにまつわる様々な「初体験」の体験談が、男女問わず投稿されています。

初体験のエッチ告白体験談3

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「初体験のエッチ告白体験談3」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:初体験 No.9

  • 22歳初エッチ
  • 投稿者:さやか

あたしの初エッチは22歳でした。ちょっと遅かったです。遅かったのでずっとエッチに興味があって、早くしたいと思ってました。でもそれだけのために処女捨てたくないなってのはあったので、22歳で初めて彼氏ができたとき、絶対この人だって思いました。

相手は同じ会社の人でした。生まれて初めて告白されて、付き合うことになりました。あたしは太ってるし可愛くないし、あんまり見た目に自信がなかったので、ほんとに嬉しかったです。

そんな彼と付き合って三週間ぐらいが経った頃、いつものように会社帰りにごはんを食べました。普段ならそのままバイバイなんですが、その日は彼がなんか言いたげで。。

もしかして?と思いました。案の定「行かない?」でした。ホテルです。私はドキドキしましたが、最近はますますエッチの事しか考えていなかったので「いいよ」と小さく頷きました。

ホテルの部屋に入ってから彼は私の服を脱がせ始めました。どうしよう…ぶよぶよのお肉…恥ずかしい…と思いましたが、緊張して体も動かなかったので、彼のリードに任せることにしました。

彼が私の乳首を見て「きれいな色だね」と言いました。そうして優しく口に含み、舌でコロコロと転がし始めました。私はあまりにもの衝撃に初めて声を出しました。その声に彼も反応したらしく、口元を徐々に私の下の方へ這わせていきました。

頭がどうにかなりそうでした。正直に言うと日ごろからずっとオナニーをしていて、下の方は刺激に慣れていると思ってたんですが、彼の舌がアソコに付くと生暖かい息がふわっとかかり、オナニーとは比べものにならないくらいの気持ち良さが私を支配しました。

自分でするのと全然違う!そう思いながら私は惜し気もなく喘ぎ声をまき散らしてしまいました。そして彼が「いい?」と言ったので、「いいよ」と言いました。

彼のものが私の中にゆっくり入ってきました。オナニーをしていると言っても自分でするときはクリトリスばかりだったので、何かを入れるっていうのは初めてでした。緊張して力が入っていたので、彼のものがキツそうに入り込んできました。

「痛いっ!!!」突然全身を駆け巡るような激痛が走りました。何かを突き破られたような衝撃…膜が破れたんだと思いました。彼は「大丈夫?」と聞いてくれました。私は、何とかこらえ、「大丈夫だから続けて」と言いました。

その後も彼は私を気遣ってゆっくりゆっくり腰を動かし、15分ほどかけてフィニッシュしました。あんなに焦がれていたエッチでしたがこれほど痛いなんて…でもそれから少しずつ体が慣れていって、今では二日に一度くらいのペースでしています。クンニでイクことも覚えました。そろそろ中でイッてみたいです。

エッチ告白体験談:初体験 No.8

  • 2時間も攻められ続け
  • 投稿者:チョコボール

あたしの初体験は2時間くらい攻め続けられた。
処女ってこと言ってなかったから経験者だと思われて、容赦なかったの。
いきなり後ろから入れられてすっごい痛かった。
でも初めて、とか言いたくないから我慢して耐えてた。
そしたら調子乗ってすっごい突いてきた。
バックってただでさえ入りやすいからメッチャ痛くて、ちょっと泣きそうになった。
でも頑張って声とか出してた。
なんでそこまでして頑張ってんだろって感じだけど。
内心早くイケ!とか思ってたら相手がいきなりスポっと抜いて、体位変えようとした。
あたしもうマンコがジンジンヒリヒリしててまじ無理だった。
でもお構いなしにあたしの足広げて、自分の肩に乗せた。
マンコがちょっと湿ってるのが分かったから、もしかして血が出てるかもって思って焦った。
電気暗かったから見られないけど。
そのまま入れられて、正常位でやられた。さっきよりは痛くなかったけど痛みの余韻が残っててかなりツラかった。
その時点ですでに一時間くらい経ってて、そいつ懲りずにまた体位変えやがった。
次は上に行ってとか言われた。
はぁ?まじチョーシ乗んなよとか思ったけど乗ってやった。
入れ方がよく分かんなくて時間かかってたら、そいつが下から突き上げてきた。
すっげー痛くて、腰落とせなかった。ずっと浮かせてた。
そしたらまた変えるって行って、正常位に戻った。
正常位に戻ったらちょっと変化があった。ほんとにちょっとだけ、気持ちいいと思った。
でももう2時間くらい経ってて、足とか膝とかガクガクだった。
最終的に正常位でいってくれた。

エッチ告白体験談:初体験 No.7

  • 豹変した彼
  • 投稿者:紅茶レモン

初体験は当時の彼氏で、場所はその彼の家でした。

年上で優しくて経験も豊富な人でした。私は、おそらく今日だろうと覚悟を決めていたので怖くはありませんでした。

彼は私をベッドに寝かせるとまず服の上から胸を触り始めました。

体がビクン!となりました。

「こわい?」と聞かれましたが、「だいじょうぶ」と答えました。

彼は私の首筋からゆっくりと舌を這わせ、優しく愛撫し始めました。

首筋を舐められるのがこんなに気持ち良いなんて思っていなくって、私はビクンビクン!としながらも感じていました。

彼は私の服と下着を脱がせようとしました。「はいバンザイ」と言って子供のように脱がされました。

彼のベッドの上で私は全裸になりました。恥ずかしかったので布団の中にもぐりこみました。

部屋の隅で彼が服を脱ぎながら、あっちを向いて何かしています。

振り返った彼のオチンチンはピン!と立っていました。そしてそれにはコンドームが被せられていました。

「勃起したペニスって本当にああなるんだ。。。」

今にも突き刺さってきそうなペニスをちらっと見ながら、私はドキドキしていました。

彼が布団の中に入ってきました。優しく私を抱きしめ、今度は乳首を愛撫し始めました。

「乳首たってきてるよ」

自分では気が付きませんでしたが、気持ち良さのあまり乳首がたってしまっていたようです。私感じているんだ!と思うと恥ずかしくなりました。

彼は自分の手を私の股間に持っていき、優しく触り始めました。とても恥ずかしかったです。そんなところ触らないで!と心の中で叫びました。

しかし股間に伸びた彼の手を意識していると、だんだん股間が柔らかく、気持ち良くなっていく感じがしました。

彼は私の股をゆっくり広げ、ペニスを少しずつあててきました。

プニっとした感触が伝わり、なんだか余計に気持ち良くなりました。

そのまま入ってきてもいいかも…と思いました。

彼は私に「入れていい?」と確認し、ゆっくり腰を押し出すような感じで私の穴にペニスを差し込んできました。

けれど、正直、これ以上の痛みは感じたことがないという痛みが私を襲いました。さっきまではまだ気持ち良いと思えていたのに、一気に後悔しました。

彼は私と初めてセックスをしているという状況と気持ちが良いのとですっかり興奮してしまったらしく、夢中で私の方に腰を押し込んできたんです。

「いたっ!やめっ・・やめてっ・・おねがっ・・抜いてっ・・!」

そう言ったと思いますが、彼の耳には届かなかったらしく夢中で腰を動かしてきました。私は痛みで意識が飛んでしまいそうでした。

すると彼の動きが一段と速まり、ものすごいスピードで私の中に入ってきました。

「うううう・・・・っっ!」

痛さのあまり声が出ませんでした。そのすぐあと私の中で何かがドクドクと波打つのが分かりました。

彼はグッタリして私の上に覆いかぶさってきました。

いったんだと思いました。

私は痛みで涙が出ていました。彼ははっと我に返り、私に対して何度もごめんごめん!と言ってきましたが、私はセックスによって豹変した彼が正直怖いと思いました…。

結局その彼とはその後数か月で別れました。初体験を済ませてからは何度もセックスしましたが、気持ち良いと思ったことはありませんでした。

エッチ告白体験談:初体験2のページ