エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談:初体験

エッチ告白体験談「初体験」のページでは、その名の通りエッチにまつわる様々な「初体験」の体験談が、男女問わず投稿されています。

初体験のエッチ告白体験談2

至高のオナニーとセックスのための、衝撃のエッチ告白体験談、
「初体験のエッチ告白体験談2」のページです。
今回も刺激的で濡れまくりのエッチ告白体験談を厳選して掲載しています。

エッチ告白体験談:初体験 No.6

  • 夏の思い出
  • 投稿者:えみちぃ

当時付き合ってた彼氏と夏祭りに行った帰り、慣れない下駄で足がかなり痛くなっちゃって、彼氏と帰り道の公園のベンチで休憩した。さっき買ったカキ氷の残りを食べながら話し込んでるうちに人通りもまばらになって、気がついたらいつもの静かな公園になってた。

付き合って十日ぐらいで、あたしもそろそろかなって思ってた。でもまさかそのまま公園でしちゃうなんて・・思ってなかった。あたしは暑いのと足が痛いのとで浴衣もビラビラにはだけてて、胸元はパックリ空いてたと思う。ウチワで胸元を煽いでたら、突然彼氏があたしの胸に手を突っ込んできた。浴衣だったからブラもしてなくって、汗もかいててビチョビチョだったのに、彼氏は手を突っ込んできた。

もしかして、やりたいのかな?って思ったけど胸触るぐらいなら今までもあったから、場所も場所だし、とりあえずちょっと隠れたところに移動しようってあたしから言った。おっきなジャングルジムみたいなやつの裏側に移動すると、外からは完全に見えなくなった。

そのまま二人でしゃがみ込んでさっきの続き。彼氏が胸触りながら濃いチューしてベロベロって感じで・・。それで終わると思ってたけど彼氏が浴衣の裾をめくってきて、あたしのあそこ触ってきた。まじで?ここで?て思って彼氏に聞いたら、やろうよって言ってきた。ちょっと迷ったけど、あたしもエッチには興味あったから、いいよって言った。

初めてだけど、彼氏に後ろから入れられて、突かれた。浴衣が乱れまくってて、それだけでもなんだかかなり興奮した。終わるころには浴衣もぐちゃぐちゃで帯でかろうじて繋がってるだけだった。彼氏はエッチの記念って言って写メった。家に帰るとパンツに血がついてた。

エッチ告白体験談:初体験 No.5

  • 苛められっこのあいつ。
  • 投稿者:ゆかりんご

凄い可愛い男の子がいて、強気な性格の私はいつもからかって遊んでたのー。なんか女の子っぽくてすぐ泣いちゃうような男の子っているじゃん?だからいつも女っぽいよーっつって苛めてたの。 そしたらある日その子と二人っきりになって、なんでいつも自分をからかうのかって聞かれた。私は特に理由なんてないけど、見てたら苛めたくなるって言ったの。そしたら泣き始めちゃって、またイライラしたから、その子のチンコを思いっきり掴んでやったの笑。自分でもなんでそんなことしたのか分からないけど。そしたらその子当然驚いて、顔が一気に真っ赤になっちゃって。それ見た私は変に興奮しちゃって、ものすごく、苛めたくなったの。ビックリしたままのその子の服をゆっくり脱がせて、さっき掴んだチンコを出してやったら、男の人のチンコ見たことなかったけど、それでも何か大変なことになってる!って分かるぐらい大きくなってた。それ見てたら無性に触ってあげたくなって、手でギュゥってしたの。その子はただ茫然としてて、でも私が手を動かしていくうちにちょっとずつ「うっ…あっ…」て言うようになって。それがまた私を興奮させて、キスしちゃった。そしたらその子、今まで見たことないくらいの表情したかと思えば突然私のこと押し倒して、上から強引にキスしてきた。いつもと全然違う強引な感じに体が一瞬で感じちゃって、自分から入れていいよって言っちゃった。その子は夢中で入れてきてあっという間に出しちゃったけど、私はすごくいけない事をしている気分になって、その感じがまたたまらなくなって、癖になる、って直感した。初めてだってことはその子に言わなかった。それからたまにエッチするようになって、エッチの時だけは私の方が苛められてる。

エッチ告白体験談:初体験 No.4

  • 友達のカレシ
  • 投稿者:フリーター

友達のカレシを好きになっちゃいました。
諦めなきゃいけないと思ってても、あきらめきれなくって。
一回だけエッチして、それであきらめようと思いました。
友達には本当に悪いと思ったけど、でも私もどうしようもないくらい好きだったんで、こっそり口実を作ってその人の家に行きました。
友達はバイト中なのを知っての計画でした。
その人は優しいので普通に部屋に入れてくれて、私が用意したなんてことない口実でおしゃべりします。
ちょっとお酒も入ったりして。
徐々にお互い酔ってきたところで、私は暑いと言って上着を脱ぎました。
酔ってないけど酔ってるふりをして、わざと際どいところまで脱ごうとしました。
するとその人は「○○酔い過ぎ。笑」と言って私の手を止めました。
私はついその手をにぎって、自分の胸に当ててしまいました。
驚いていました。
私は自分のその行為をきっかけに、一気にその人に自分の胸の内を打ち明けました。
案の定優しく断られましたが、私だってそれなりに覚悟をして行っていたので、もう戻れなくなっていました。
無理やりその人に抱き付き、そのままズボンの上から性器を愛撫しはじめました。
その人が私を離そうとしても離れませんでした。
私はチャックを下ろし、生のままフェラをし始めました。
段々その人の抵抗も小さくなっていきました。
私は自分で服を脱ぎ、その人の上に乗りました。
処女でしたが、初めては絶対その人がいいとずっと思っていたので、そのまま流れに身を任せました。
まだ少しためらいがある様子だったので、自分で性器を持っていき、体重を落として挿入しました。
初めてだったのに良くできたなと後になって思いました。
けれどそれからその人とは、友達に内緒でその後も関係を続けるようになってしまいました。
初めのうちはとてもうれしかったんですが、段々そんな関係を続けている自分とその人に疑問を感じるようになり、私の方から距離を置くようになりました。
今でもたまにメールが来ますが、無視しています。

エッチ告白体験談:初体験1のページ