エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:サイトマップ

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:更新履歴

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス:最新記事5件

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックスの最新記事5件です。その他のエッチ告白体験談は下部リンク、又は左メニュー欄よりご覧頂けます。

エッチ告白体験談:初体験 No.27

  • ジムで知り合った男性
  • 投稿者:M・M

初体験は21歳の時でした。 相手は、当時通っていたジムの中で知り合った男性です。 彼とはジムの時間がいつも一緒で、何度も顔を合わせているうちに話すようになり親しくなりました。

親しくなってからは、彼と食事に行ったり遊びに行くようになりました。 しばらくそれを繰り返していると、ある時彼が私の家に遊びに行きたいと言ってきました。 その日は家の中が片付いていなかったこともあり、適当に彼に言い訳をし、別の日に予定を決めて彼に来てもらうことにしました。

⇒エッチ告白体験談:初体験27の続きを見る

エッチ告白体験談:オナニー No.24

  • オモチャ
  • 投稿者:佐代

初めは自分の手だけでオナニーをしていました。 でも、段々と自分の手だけじゃ物足りなくなってきてローターを購入しました。 そしてそのローターを乳首やクリトリスに当てたり、おまんこの中に入れたりしてオナニーを繰り返しました。 そのうち、ローターでも物足りなくなってしまって次は電マを購入しました。
電マはローターの揺れとは全然違いました。 余りに感じ過ぎてしまって、思わずお漏らしをしながらいってしまいました。
電マでのオナニーも繰り返していくうちに段々と物足りなくなってしまいました。 次に購入したのが電マ専用の取付具です。 電マの先におちんちんの形をしたものを装着し、おまんこの中を刺激するというものです。
その取付具を電マに装着させて電源を入れました。 ブィーンとエッチな音を出しながら、取付具と電マが連動し揺れ始めました。

⇒エッチ告白体験談:オナニー24の続きを見る

エッチ告白体験談:カップル・夫婦 No.21

  • 風邪をひいた妻
  • 投稿者:ロクロク

風邪を引き、熱が出るといつも以上に淫乱になる妻。
「ねえ、おちんちん舐めさせて」
そう言いながら、服の上から私の股間部分に手を当て撫で回してくる。 ただ撫で回すのではなく、俺の耳に舌を這わしながら。
普段では有りえない姿の妻に、興奮した俺の息子は一瞬で大きくなる。 その大きくなった息子を妻は「もう大きくなっちゃったの? いやらしいおちんちん」と言いながら、また撫で回す。
しばらくすると、妻が俺のズボンを脱がし次は下着の上からまで回してくる。
そして、最後はパンツを脱がし直接息子に触れ、しごき始める。 この時点で俺の息子からは大量の先走り汁が溢れ出て、ヌルヌルの状態に。 妻はこの状態の息子を嬉しそうに眺め、舌先を這わせはじめる。 全ての先走り汁をなめ終わると、次に妻は息子を口に咥えしゃぶりだす。
熱が出ている妻の口は、非常に温かい。 そんな妻の口内の温かさと吸引力に思わず俺は声を漏らしてしまう。
「あ・・・あ・・・」と。
妻も私の声につられるかのように声を出し始める。
「んっ・・・んん・・・」と。

⇒エッチ告白体験談:カップル・夫婦21の続きを見る

エッチ告白体験談:ナンパ No.15

  • ドーテーを捨てたくて、夏。
  • 投稿者:乾電池

この年になって、友達に誘われてはじめてナンパしに行った。
情けなくもドーテーの俺orz
しかし友達も実際はさほど経験のないモグリで、結果は惨敗。もはやティッシュ配りの方が成功率高いレベル。
二人とも段々口数が少なくなってって、最終的に俺が自らヤケで臨んだのが、明らかに読書とか漫画描いたりとかしてそーな地味な女だった。

声かけられてビックリしたのか「えっ」て感じて見られ、正直こいつも無視して通り過ぎてくだろうと思ってたのでこっちもビックリ。
そんな想定外の状況に対応できるアドリブ術なんて持っていないので、次の瞬間口から出てきた言葉は「暇?」だった。
それから無難にカラオケ行って、聞けば俺らの2コ下で地元も近いって話しから何気に盛り上がって、酒とか注文してなんだかんだ楽しくやってた。

するとここで悪友、用事が出来たとか言って帰ってった。
俺はそんときナチュラルハイだったのでさほど気に留めなかったが、シラフだったら「オイてめぇ、俺に押し付けて帰んなやヴォケ」とかこっそりメール打ってたに違いない。

そして一気に気まずいムードに。ここで経験値のない奴なら、自分も帰ろうとすると思うだろう?
ところが実際はそうじゃない。
小心者ゆえになぜかそこで「相手に悪い」と思ってしまい、そのまま一線を通り越した的な関係へ持って行こうとしてしまったのである。
そう、すべては気遣いなのだ。
そして気が付けば俺らはホテルへ。

ホテルなんか入ったことも無いから入口のシステムから既にテンパリだった。
何とか入室を済ませてとりあえずソファに荷物を置き、ベッドに座った。その子も横に座る。

はぁ〜これからどうしよう、、と思った次の瞬間に、自分でも驚く行動に出てしまった。
横にチョコンと座っていたその子を押し倒して胸を掴んでいたのである。
この予想外の自分の行動にビックリしながら、逆にその状況に背中を押されるように次へ次へと段階を踏んでいった。。。

⇒エッチ告白体験談:ナンパの続き15を見る

エッチ告白体験談:上司・同僚 No.15

  • ストッキングでノーパン接客
  • 投稿者:まう

バイト先の責任者と…いわゆる不倫関係v
店閉めた後に厨房とか休憩所でコッソリやるエッチが、最近のお気に入りです。
もちろん衛生はしっかりしてますよv

でもたまに二人とも興奮しすぎると閉店作業忘れてヤッちゃう事があるから、
うっかり誰かが入ってきちゃう心配もあるよね。
今のトコそういうことはないですけど、ひょっとしたらもう同僚に見られちゃったコトあるかも???

⇒エッチ告白体験談:上司・同僚15の続きを見る

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックスについて

エッチ告白体験談で至高のオナニー&セックス」は、
様々なシチュエーションでのエッチ体験談の中から、
特に優秀な「抜ける」体験談を厳選して掲載するエッチ告白体験談の投稿型サイトです。

プロのエッチな技を満喫する!